スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

今夜、すべてのバーで

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)今夜、すベてのバーで (講談社文庫)
(1994/03/04)
中島 らも

商品詳細を見る


最近、知り合いの人に勧められたりした本を読んでおります
(展示会でものをつくったので現在頭の中が空っぽでどうにか詰めようとしている)
その中でもこれは、
「この本読んでなかったら自分は生きてない」と熱弁しておった人がいたのですが
そういう本でした
アル中と薬中 他何かに依存中の人はシンパシィを感じずにはいられないんじゃないでしょうか
途中で「何かに依存したことのない人間が 依存をやめろと言っても説得力がないっていう話はまさにそうだ」みたいな文章があるんですが
本当その通りだと思います

とか言いながら私はアル中ではないのですが
友達がマンションの玄関でゲロまみれになって一晩過ごしたと聞いた時

「酒飲むのやめなよ」

としつこくいいました
彼女も「もうやめる…」って言ってましたけど
三日後飲んでました

だからこういうことなんですよね

アル中じゃない私が
「酒を飲むのやめなよ」
と言ったところで全く彼女の胸には響かないわけです

その後も会社の人に運んでもらってゲロまみれの服を片付けでもらい
素っ裸で洗面所で素っ裸で立ち尽くしてたのを風呂に入れてもらったらしいですけど

三日後には酒飲んでましたね

しかし不思議なことに…

そこまでお酒が飲めない私には
彼女が羨ましく思えたりもします
らもさんもしかり



---


【自分に対しての日記】


そこそこ札幌で遊んだけど
さらに遊ぶという予定は延期です
11月まで家からでません
10月一回大阪から友達がやってくるので
その時は例外
それ以外は絶対駄目

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

2013.09.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | book

ギャラリープルプル 極楽と地獄ってどんなとこ?

今日は前から楽しみにしていた
まちなか文化小屋 正木晃先生の「極楽と地獄ってどんなこと? 死後世界の航海術」を
聞きにいきました

スクリーンに映し出された極楽と地獄の絵画が
どんな風に描かれているか、その時の時代背景
文化や宗教の流れと それに伴う葬儀や埋葬の変化などなど


大変面白かったのです
12回くらいの講座だったらいいのになぁと思いました


講座のあと、妖怪展の時、飯野さんにサインをもらって欲しいと
ともちゃんに頼んでいた絵本を取りに行ったのですが、
途中で正木先生もいらっしゃってスタッフの方と他のお客様と四人でしばしお話しました

色々聞きたいはずなんですけど
頭の回転が遅くて質問がでてこないという 毎度のパターンです

まだ処理中…

はじめての宗教学: 『風の谷のナウシカ』を読み解く〔新装増補版〕はじめての宗教学: 『風の谷のナウシカ』を読み解く〔新装増補版〕
(2011/09/30)
正木 晃

商品詳細を見る


知りたかったら、読んだらいいですね!

お地蔵さん美しくて優しい…。




---




久しぶりに札幌行ってきました
近代美術館、日本画のポスターに魅かれて行ってきました

美術館の中に入っても売店でポストカードと図録を見ながら

ポストカードで我慢できないか… 図録を買ったらずっと楽しめるんじゃないか…

と呆れる友達を横に ケチケチケチケチ してたんですが
結局図録も買って入場もしてきました

いや~ 中入っておいて良かったです
竹内浩一さんのが特に素敵でした
テキスタイルデザインをなさっていた方みたいで
絵 オシャレでした
下田義寛さんの絵は一体何で描かれているのか謎でした
面白かったです
ガラスに絵を描いて三枚重ねたみたいに見えるんです
確実に違いますけど 絹って描いてある…


日本画で大好きなのは
静かな絵が多いところですね
あと自然のかすかな音とか

そんなことない?知らないだけかな~


テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.09.20 | | コメント(1) | トラックバック(0) | diary

旭川美術館 ダリ版画展へ

無事展覧会がはじまりました ぱちぱちぱち

他の作家さん達の作品を拝見してきました
どれも素敵でしたよ~
自分で使ってもプレゼントにしても良いものばかりです

私の以外は…

オープニングパーティーでは
緊張もとけて
久しぶりにお酒を飲みました
人生でこんなに沢山お酒を飲んだのは初めてでした
ちょっとヨロヨロしたけど
楽しかったです

それから、プルプルのレジにティッシュをとりに行ったら
ダリの版画展がまだ9/8だと気づいたので
本日いそいで行ってきました

ダリ

いかがでしょう
私がひとりで美術館に足を運んだことがよくわかります
いえいえ 映画館と美術館はひとりで行きたいタイプなんで

学芸員さんに「すいませんヒゲ持ってください」と頼んだら
快く承知していただけました
顔なしもいいでしょ

版画展面白かったです
こんなに作品を作るってホントにダリは凄いです
途中にはなんか雑くないか とか思ったのもあったんですが
いそがないとイメージを留めておけない
紙にうつして、また次のイメージにとりかかるという
とても回転の速い頭だったんだろうなと思いました

9月は他にも、お客様がいらっしゃったり
札幌にでかけたり、
本を読んだり、縫物したりしたいです

うん 多分全部はできない!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.09.04 | | コメント(4) | トラックバック(0) | diary

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。